鋼材単価の上昇について

合同会社工事企画

日経より鋼材単価が上昇しているとの記事ありました。
以下概略です。
よく耳にするH型鋼については、年初に比べ、1トン7万9000円前後と13%の上昇です。
更には、厚鋼版も7万9000円前後と(27%)の上昇
となりました。

上昇の背景には、中国の過剰生産の抑制も背景にあるとの事です。

特に日本では、職人不足も目立つのは知れた事であり、人件費の高騰も進んでおります。
厚生労働省の速報値によると、建設業の現金給与額は一人当たり35万5666円と推移しているそうです。

首都圏のマンション建設費(1㎡単価)については、前年同月比より11.5%上昇しているとの事です。