留学生日本での起業支援 経産省、準備期間の在留も許可検討 人材引き留め狙う

合同会社工事企画

日経より抜粋 https://r.nikkei.com/article/DGKKZO29727460T20C18A4EE8000?type=my#IAAUgjIwMA

「日本の大学で学んだ外国人留学生らが引き続き日本で働きやすいように制度を整える。政府は留学生が日本で就職することを促しており、経済産業省と関係省庁は大学生らに対し、今秋にも起業を目的とした在留資格を広げる検討に入った。優秀な人材を日本につなぎとめ、新技術開発や産業の国際競争力の強化を目指す。

在留資格を拡大し、留学生の引き留めを狙う
日本学生支援機構によると、2017年度の外国人留学生は26万7042人。この5年で6割増と受け入れは年々拡大している。ただ、卒業後も日本で就職するのは全体の3割程度にとどまる。」